こんにちは。
KABOOてんちょーの代理、中の人です?

KABOOは未来の日本からやってきた移住ソムリエで、こんな風にたくさんいます

てんちょーのKABOOの本名(なのかな?)はSolituder of KABOOで、「KABOOのSolituder」と言う意味です。

Solituderとは、英語のようで英語ではなく、KABOOたちの世界の言葉で、「1人でいるのが好きな人」みたいな意味らしいです。

てんちょーも他のKABOOたちと一緒に「友達募集の旅」をしてますが、例えば、目的地に着くと他のKABOOたちは大好きな温泉に行くのですが、てんちょーはファミレスで大好きなポテトと一緒に写真撮ったり、後から1人で温泉に行ったり…みたいな感じです。

今の人間世界では、一人→孤独→寂しい…みたいに思う人が多いかも知れませんが、全く違うみたいです。

全く違うと言えば、てんちょーみたいな人がいると、人間世界では、たぶん「変わり者」とか、気心知れた仲なら「あいつだから」みたいに言われると思いますが、KABOOたちの世界では、みんなそれぞれ違うのが前提なので、そもそも、てんちょーの行動に違和感を抱くことすらありません。

ある意味で、今の人間社会で言うところの多様性の完成形みたいな?

そんな、てんちょーの趣味は、中の人と同じで写真だったのですが、自分は食べないのに、食べものの写真を撮るのが好きで、自撮りしたり、他のみんなを撮ったりして、楽しんでいるようです。

ちなみに、中の人が割引やクーポンとか使っていると、KABOOたちが「ありがとうの投稿」と言っていて、なるほど、感謝の意を込めてやっていたとは、驚きました。

…と、KABOOたちの話をすると、話が尽きないので、最後に、てんちょーが、このお店を始めた理由です。

KABOOたちの世界は、物々交換と言うか、等価交換と言うか、時間交換、感謝交換とか、お金では換算できない部分を含めて、ギブ・アンド・テイクできるそうで、「MottainaiYA」を連発していたことから、「もったいない屋」になりました。

ただ、今の人間の世界は、お金の交換に特化しているので、それは人間の皆様に任せて、自分達は、お金じゃない部分の交換に特化していきたいそうで、えっ、売らないお店!?

中の人には、まったくもって「???」ですが、てんちょーいわく、続けていけば分かるそうなので、皆様、末永く宜しくお願いします?